運命を切りひらくために ~自然とともに~ - ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~

ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~ ホーム » スポンサー広告 » 道をひらく 「松下幸之助」 » 運命を切りひらくために ~自然とともに~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命を切りひらくために ~自然とともに~

 春になれば花が咲き、秋になれば葉は枯れる。草も木も野菜も果物も、芽を出すときには芽を出し、実のなるときには実をむすぶ。枯れるべきときには枯れてゆく。自然に従った素直な態度である。
 そこには何の私心もなく、何の野心もない。無心である。虚心である。だから自然は美しく、秩序正しい。
 困ったことに、人間はこうはいかない。素直になれないし、虚心になれない。ともすれば野心が起こり、私心に走る。だから人びとは落着きを失い、自然の理を見失う。そして出処を誤り、進退を誤る。秩序も乱れる。
 時節はずれに花が咲けば、これを狂い咲きという。出処を誤ったからである。それでも花ならばまだ珍しくてよいけれど、人間では処置がない。花ならば狂い咲きですまされもするが、進退を誤った人間は、笑っただけですまされそうもない。自分も傷つき、人にも迷惑をかけるからである。
 人間にとって、出処進退その時を誤らぬことほどむつかしいものはない。それだけに、ときには花をながめ、野草を手に取って、静かに自然の理を案じ、己の身の処し方を考えてみたいものである。


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ご無沙汰しております

植物や動物のように思うままに生きていければと思います。

生まれたての赤ちゃんは、当たり前に持っているんでですけどね・・。

親として子供に注意をするときも気をつけないといけないと思っています。

ただほとんど注意するのは奥さんの役目で、僕はいいとこどりしています!

2011-04-16 01:18 │ from コテツ不動産URL

トラックバック

http://1013218.blog28.fc2.com/tb.php/92-685bee7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。