運命を切りひらくために ~手さぐりの人生~ - ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~

ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~ ホーム » スポンサー広告 » 道をひらく 「松下幸之助」 » 運命を切りひらくために ~手さぐりの人生~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命を切りひらくために ~手さぐりの人生~

 目の見えない人は、なかなかケガをしない。むしろ目の見える人のほうが、石につまずいたり、ものに突き当たったりしてよくケガをする。なまじっか目が見えるがために、油断をするのである。乱暴になるのである。
 目の見えない人は、手さぐりで歩む。一歩一歩が慎重である。謙虚である。そして一足歩むために全神経を集中する。これほど真剣な歩み方は、目の見える人にはちょっとあるまい。
 人生で思わぬケガをしたくなければ、そして世の中でつまづきたくなければ、この歩み方を見習うがいい。「一寸先は闇の世の中」といいながら、おたがいにずいぶん乱暴な歩み方をしているのではなかろうか。
 いくつになってもわからないのが人生というものである。世の中というものである。それなら手さぐりで歩むほか道はあるまい。わからない人生を、わかったようなつもりで歩むことほど危険なことはない。わからない世の中を、みんなに教えられ、みんなに手を引かれつつ、一歩一歩踏みしめていくことである。謙虚に、そして真剣に。おたがいに人生を手さぐりのつもりで歩んでゆきたいものである。



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://1013218.blog28.fc2.com/tb.php/85-008b9a97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。