国土交通省に一言 - ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~

ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~ ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 国土交通省に一言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国土交通省に一言

まず最初に

■東北地方太平洋沖地震について
3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。



国土交通省に一言。

私は、福井県の田舎で建設業の会社に務めています。
なぜ、国土交通省は今現在発注している入札を辞めないのでしょうか。

世間では、いろいろな団体などが災害にあった人のために義援金活動・物資提供を行っており、私も少なからず義援金を寄付しました。

また、自衛隊の人や消防庁の人たちが放射能に汚染されながらも最悪の事態を避けるために働いておりその家族の人達の心配もただごとではないと思います。

なのに、かんじんのお役所さんはどうなっているのでしょうか?

たしかに、今現在の日本の景気は悪く地方は公共事業に依存していると思います。

だけど、今現在は、景気対策ではなく被災者支援・被災地の復旧対策が最優先ではないでしょうか。

芸能界・スポーツ界等の有名な方々も寄付をしていますが、まず国が姿勢を見せるべきではないでしょうか。

子ども手当の増額分の見直し、高速の無料化の見直し等の政策は言われていますが、今現在国土交通省各整備局発注の入札を取りやめれば(概算で3/22現在1,000件強 1件あたり平均5,000万円と仮定)約500億円は被災地復旧・被災者支援にまわせるのではないでしょうか。

先ほども書きましたが、たしかに入札が無くなれば私も建設業の会社で働いているので色々と大変にはなります。
会社も倒産するところはあるかもしれません。

だけど、災害にあった人たちの今現在の生活の事を考えると、全然ましではないでしょうか。

高速道路をつくる・新幹線を延伸する・河川の維持・道路維持修繕・新しい道をつくる 
そんなに大事でしょうか。

当に必要な所に必要なお金をかけるべきだと私は思います。
たとえ会社が倒産し、職が無くなったとしても。
災害にあった人からみれば、出直すことは難しくはないと思います。




スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

はじめまして

あし@からきました。
いもすけと申します。

あついメッセージに感動してしまいました。
おっしゃる通りだと思います。
またおじゃまします。

2011-03-22 14:52 │ from いもすけURL

トラックバック

http://1013218.blog28.fc2.com/tb.php/49-c8c4a2ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。