運命を切りひらくために ~さまざま~ - ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~

ももたろすの情報商材ガイドブック ~収入アップのための小遣い稼ぎ~ ホーム » スポンサー広告 » 道をひらく 「松下幸之助」 » 運命を切りひらくために ~さまざま~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命を切りひらくために ~さまざま~

 春が来て花が咲いて、初夏が来て若葉が萌えて、野山はまさに華麗な装いである。さまざまの花が咲き、さまざまの草木が萌え、さまざまの鳥が舞う。さまざま、とりどれなればこそのこの華麗さである。この自然の装いである。
 花は桜だけ、木は杉だけ。鳥はウグイスだけ。それはそれなりの風情はあろうけれども、この日本の山野に、もしこれだけの種類しかなかったとしたら、とてもこの自然のゆたかさは生まれ出てこなかったであろう。
 いろいろの花があってよかった。さまざまの木があってよかった。たくさんの鳥があってよかった。自然の理のありがたさである。人のまたさまざま。さまざまの人があればこそ、ゆたかな働きも生み出されてくる。自分と他人とは、顔も違えば気性もちがう。好みもちがう。それでよいのである。ちがうことをなげくよりも、そのちがうことのなかに無限の妙味を感じたい。無限のゆたかさを感じたい。そして、人それぞれに力をつくし、人それぞれに助けあいたい。
 いろいろの人があってよかった。さまざまの人があってよかった。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

無 限

〝ちがうことのなかに無限の妙味、無限のゆたかさ〟

たしかに在るようですね

折々に味わい深く、感じてゆきたいですね


ありがとうございます

2011-04-11 05:23 │ from ponsunURL Edit

トラックバック

http://1013218.blog28.fc2.com/tb.php/110-0df9fc0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。